('∀`)ぺーぺーブログ('∀`)

<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

デジタルからアナログへの進化論~大山崎~(H28.6.25)

e0209962_22313318.jpg

どんどんデジタル化していく世の中。
便利な機能が常備化されていくデジタル製品。
その便利な機能を使いこなしていく人もいれば、
100%中30%ほどの機能しか使いこなしていない
人もいるだろう。
そんな中、私は時代と逆行してアナログの魅力を
感じ、フィルムの持つ色に独特の魅力に惹かれて
いく。

e0209962_22320945.jpg

今回は上司と大山崎へとやってきた。
天候は雨が強く降り、コンディションとしたら
最悪である。

e0209962_22321435.jpg

しかし、雨でしか撮れない写真もあるだろうと
前向きな気持ちでシャッターを切っていく。

e0209962_22321974.jpg

限られたシャッターの枚数は36枚。
少ないようで多い。

e0209962_22322443.jpg

現像にはフィルムを使いきらないと勿体無いと
いう心理が働く。

e0209962_22375149.jpg

一方、デジタルカメラと違い、気軽に
シャッターを切れないといったジレンマも
同時に起こる。

e0209962_22375883.jpg

その為、後半に近づくにつれ残り数枚の
枚数が重くなってくる(辛くなってくる…笑)。

e0209962_22380226.jpg

上司は何事においても趣味が合う。
いつも、カメラやファッションについて
情報交換や熱いトークを披露しあう。

e0209962_22431435.jpg

前々から、フィルムの出す色について
興味があった。
現像し、改めて見てみると不思議な
色合いである。

e0209962_22431865.jpg

コテッとした様で、彩度が低い色合い。

e0209962_22432214.jpg

光と影のコントラストが良い感じである。

e0209962_22433129.jpg

白とびも一つの味と最近感じる様に
なってきた。

e0209962_22433412.jpg

後半エンジンがかかってきた。
一歩、また一歩と撮影タイムが終了へと
向かっていく。

e0209962_22521106.jpg

この色もデジタルカメラで出す事はできない色。

e0209962_22521548.jpg

Nikon・F3のシャッターを切る時の
ミラーショックは凄まじい。
しかし、写欲が進む心地よい音である。

e0209962_22521923.jpg

役目を終えた(?)廃タイヤ。
人によって、同じ写真を撮っても
全く違う写真が出てくる。
人の感性は違うのである。

e0209962_22522418.jpg

雨により水が流れ、やがて川になり、
大きな海へ流れていく。
自然のサイクルは不思議ですね。

e0209962_22593950.jpg

ダークな雰囲気が好きな一枚。

e0209962_22594445.jpg
上司に最寄り駅まで送ってもらい、現像に
出そうと写真屋へ向かうも、その日に現像は
できないとの事で断念。
フィルムは何かとコストがかかるが、撮って
いて楽しいと感じる最高のアイテムである。



【 Nikon F3 HP (ブラック) + Nikkor-S Auto 50mm f1.4 】



[PR]
by 2323taka | 2016-08-01 23:05 | 大山崎